東京の給湯器交換ならお任せ下さい。

給湯器交換net.119番

東京の給湯器交換【ポイントとFAQ】

私たちはガス給湯器の専門家として給湯器交換に対応します。ガス給湯器が故障してしまったり、古くなっていたりすると、新しいものに交換したいものです。しかし、ガス給湯器にはいろいろな種類があり、どれを選べばいいのかわからない人は多いでしょう。私たちはガス給湯器の提案から施工までトータルで担当することができる会社です。新しい給湯器を設置することによって、ガス給湯器を快適に利用できるようになります。暮らしをより快適にすることができるのです。

給湯器交換 東京

取りつけるガス給湯器については、しっかりと保証が用意されているため、安心して利用することができます。現地調査や見積りといった作業はすべて無料で引き受けています。現地調査をすることで、実際にどのようなタイプの給湯器を取りつけられるのかがわかります。また、見積りを出すことによって、工事にどのくらいの費用がかかるのかがわかるでしょう。工事日が決まれば、当日にはスムーズに作業を進めて、しっかりとガス給湯器を設置します。厨房用や業務用の給湯器にも対応しているため、法人からの相談も受けつけています。取りつけ工事のみの依頼も可能です。ガス給湯器について専門的に取り扱っているのが鎌倉リビング株式会社です。

01東京でご家庭用・業務用給湯器交換を行う会社とは?

給湯器の寿命は約10年が目安とされています。寿命が近くなると、お湯の温度が不安定になったり、自動でお湯がはれない、追い炊きしても温度が上がらない、お湯を出すと給湯器から変な音がするなど、何らかの異常を感じるようになります。思い当たる方や、現在の給湯器の状態、交換時期の目安を把握しておきたい方は早めに点検を受けられることをお勧めします。
東京・横浜周辺を中心に、お湯のトラブルを迅速に解決してくれるガス設備専門業者があります。地域の皆様がより快適で安全な暮らしが出来るよう、住宅設備のプロとしてサポートしている会社です。そのため、給湯器トラブルの119番と称される地域の頼もしい存在です。
給湯器の交換や修理、ビルトインコンロの設置のことでお悩みや相談があれば丁寧に説明をしてくれますし、無料点検、見積もりにも対応しています。修理で直るのか、交換すべきなのかは専門家のアドバイスを受けるのがベストです。
決して無理な営業や押し売りはありませんので、心配なく気軽に相談できる点も好感が持てます。
ガスが機能しなくなると生活上、大変不便が生じるため、異常を感じたら早めに給湯器交換業者に相談しましょう。

02給湯器交換が初めての方へのお役立ち情報

給湯器はメーカーによってその寿命の差が出ることはほぼなく、耐用年数は10年程度です。
持ち家の方はご自身でメンテナンスを行う必要があるため、初めて給湯器交換を行う際は分からない事ばかりだと思います。給湯器の選び方やサイズ、交換するべきか修理すべきかの判断ポイントなどをご紹介しましょう。給湯器の価格や取付け費用はメーカーや機種、販売業者により幅があります。
給湯器は号数・サイズが大きいもの、高機能性のものほど金額が上がります。同じ給湯器でも業者により得意とする機器が違うことから金額に差が出るため、希望される機種の取扱いを得意とする業者を選ぶのがポイントです。
給湯箇所を増やす場合や給湯器の種類を変更したい場合、壁掛け式から据え置き式に変える場合は別料金がかかりやすいため、必ず確認するようにしましょう。

給湯器交換が初めての方へのお役立ち情報

給湯器に不具合が出ていなくても耐用年数を超えると劣化して熱効率や給湯能力が低下する可能性が高くなります。同じ部品の流通が終了していることが多いため、部品の交換で修理出来るレベルであっても、部品がないため交換することになるケースは少なくありません。
さらには、リモコンのみ交換したり、給湯器だけ交換出来る例も珍しいため、交換する時はセットで行うのが一般的です。

03給湯器交換時の3つのお悩みについて

給湯器の耐用年数は基本的に8~10年と言われ、使用頻度が高い場合は更に寿命が短くなります。メーカーによって差が出ることがほとんどないのが給湯器の特徴です。給湯器の交換にあたり寄せられるご相談から3つのお悩みとその対処法をご紹介します。

1.給湯器メーカーを変えても問題ないか
基本的に異なるメーカーへの給湯器交換に問題はありません。ただ、設置タイプを変える場合は工事費用がアップする可能性が高いため、接地場所を変える場合は注意が必要です。もし、給湯器と連動して使用されているガス式の浴室暖房乾燥機や床暖房がある場合は同メーカーでの交換が無難です。

2.家族が増えたので号数を大きくしようと思うが交換費用は高くなるか
給湯器のサイズが大きくなるほど本体価格が高くなります。現在使用されているのが20号であれば太い配管が通っている場合が多いため24号へのアップは可能なケースが多いです。設置状況によっては工事できないこともあり、配管の太さを変える工事が必要となれば費用が高額になる場合もあるため、事前に業者へ相談することをお勧めいたします。

3.ネットで購入した給湯器の取付け工事だけをしてくれる業者はあるか
給湯器の取付工事のみを請け負っている業者がありますのでご安心ください。

04給湯器の種類の違い、給湯器交換時に押さえておきたいポイントについて

ガス給湯器はお住いのタイプによって種類や選択肢が変わります。設置場所が戸建てかマンションかで設置方法が分かれ、ご家族の人数やお湯の使い方などから号数を選びます。号数が大きいほど給湯能力が高くなります。ガス給湯器の種類を選ぶ際は、現在使用されている種類を確認し、交換に適した給湯器を選びます。

ガス給湯器の種類

給湯専用機(追い焚き機能なし) キッチン、洗面所、シャワー、風呂への給湯が出来る給湯専用タイプです。
オートストップタイプの機器であれば、お湯はりが設定湯量で自動で止まる機能があります。
追い焚き機能付きガス給湯器 キッチン、洗面所、シャワー、風呂への給湯と、自動お湯はり、追い炊きが可能。
給湯器から離れた浴槽でもポンプでお湯を循環させ、自動でお湯はり、追い炊きが出来ます。
ガス給湯暖房機能付き熱源機 キッチン、洗面所、シャワー、風呂への給湯と、自動お湯はり、追い炊き、温水暖房が可能。
ポンプでお湯を循環させ、自動でお湯はり、追い炊きができ、浴室暖房乾燥機やミストサウナ、床暖房の使用が可能です。
高温水供給式ガス給湯器(追い焚き機能なし) キッチン、洗面所、シャワー、風呂への給湯と、自動お湯はりが可能。戸建て住宅など、浴室に隣接して設置されているタイプで上下2カ所の穴でお湯を循環させ、お風呂を沸かします。高温水を手動で足し湯できます。無駄なガスを使わないためエコ仕様の給湯器とも言えます。

05東京の給湯機交換メーカーの対応エリア

ご自宅の給湯器、どのくらい使用されていますか?
新築で入居された方も、中古物件を購入され、以前の住人から引き継いだ方も、新品の状態から約10年ほどが給湯器の寿命と言われていますので意識しておく必要があります。メーカーによる差はほとんどなく、使用頻度が高いほど寿命は短くなる傾向にあります。
ご家族が多く、お湯の使用が多ければ10年より早く不具合が起こり交換時期が訪れるでしょう。
給湯器が故障すると入浴や食器洗いなどに大きな影響が出て大変不便なため、耐用年数を把握し、交換時期が近くなった時に交換を依頼できるガス設備業者を探しておくとよいでしょう。
現在お使いの機器と同じタイプであれば問題なく取り付け工事ができますし、号数を大きくしたい、高機能なものに変えたい、という場合はご自宅への設置が可能であるか、念のため業者に確認が必要です。
横浜市栄区にガス機器設置のプロフェッショナル店に認定され、資格を持つガス設備設置工事業者があります。ガス機器の設置工事に必要な高度な知識、技能を有している会社のみが得られる資格であるため、安全な工事にて新しい給湯器の交換設置が行われます。
こちらの会社の対応エリアは、
東京都/23区全域、横浜市全域、神奈川県全域です。
給湯器交換時の業者探しの参考にしてください。

06東京で給湯器交換を行う際の費用目安

給湯器は使用を始めてから約10年が寿命とされ、適時交換する必要があります。ご家族の人数が変わり号数を大きくしたり、逆に小さいものにする機会でもありますので、事前にある程度の費用目安を知っておくと備えられます。
東京、神奈川を対象としている給湯器交換業者へ依頼した場合の料金例をいくつかご紹介しましょう。

東京で給湯器交換を行う際の費用目安

●パロマ給湯専用16号
壁掛型給湯器リモコン別売り
キャンペーン価格/59,800円(税込)工事費込み

●ノーリツ エコジョーズ24号
壁掛型給湯器リモコンマルチセット *給湯器本体7年保証付き
キャンペーン価格/147,000円(税込)工事費・処分費込み

●リンナイ エコジョーズ24号オート
壁掛型給湯器リモコンマルチセット *給湯器本体7年保証付き
キャンペーン価格/145,000円(税込)工事費込み

●ノーリツ 業務用 エコジョーズ 厨房用フード型給湯器24号 
3か所同時出湯可能 屋内壁掛型
販売価格/188,800円(税込)標準工事費/38,500円(税込)

*給湯器取り付け工事のみも可能
●給湯専用器 壁掛型(追い焚き機能なし)
標準工事費/28,000円(税込)

●PS型給湯器(追い焚き機能つき)
標準工事費/37,000円(税込)

●エコジョーズタイプ給湯器(追い焚き機能つき)
標準工事費/37,000円(税込)

07給湯器交換をする際に確認するべき3つのポイント

同じ物件に住み続けて10年ほどすると、お住いの中に劣化の傾向が見え始めます。水回りの不具合や壁紙、外壁なども10年がリフォームの目安と言われ、給湯器も同様です。お湯の温度が安定しなくなったり、お湯を出すと給湯器から異音がするといった現象は劣化のサインとして、専門業者に点検してもらうタイミングと考えるのがよいでしょう。10年を経過すると修理よりも交換することが勧められます。給湯器交換時に注意したい3つのポイントがあります。

01現在の給湯器と同じ設置タイプを選ぶ

給湯器は設置場所が変わると工事費用が上がることが多いほか、建物の形態などにより見合う機種を選ぶ必要があります。現在と同じ設置タイプを選ぶのが無難ですが、お風呂の機能を上げたい場合などは設置に問題ないか専門業者に確認しましょう。

02給湯器の号数の見直し

号数とは給湯能力のことで、世帯数が多いほどガスの使用頻度が増えます。大きい号数への変更を検討する機会ですが、号数が大きければ湯量もガスの消費量も上がりますので低燃費給湯器がお勧めです。

03メーカー延長保証と工事保証

給湯器の購入時には2年の保証がついてきますが、メーカー保証をさらに5年、7年、10年と延長料を納めて延ばす長期延長保証サービスを提供している給湯器交換業者もあります。工事完了後のアフターメンテナンスを長めにしておくと安心してお使い頂けます。また、メーカー保証は給湯器本体のみであり、接続されている配管設備は含まれていないため、工事保証を設けている交換業者選ぶと万が一に備えられます。

08お客様満足度の高い東京の給湯器交換業者の他社との違い

どのメーカーの物であってもその耐用年数がほぼ変わらず、寿命となると交換せざるを得ない設備機器の一つが給湯器です。給湯器本体の購入に加え、取付け工事費用も発生するため、お客様にとっては大きな出費になるでしょう。
「少しでも費用負担を減らしたいけれど、値段だけで業者を選ぶのは怖い」と、給湯器交換業者探しは意外と難しいものです。そこでご紹介するのは、首都圏を中心に給湯器の販売・取付工事を行っている会社です。他社とは違う独自のサービスを提供し、お客様満足度が高いことで知られています。他社との違いにフォーカスしてみましょう。

●メーカーよりも価格が安い
こちらの会社は高い広告費をかけずに営業を行っているほか、極力在庫を持たず注文に応じて発注・取り付けを行うことで経費を削減しています。また、人件費の節約にも取り組むことでお客様にベストなコストパフォーマンスを提供しています。

●取付工事のみの依頼も可能
ガス給湯器のメーカーを問わず、お客様が別のお店で購入された給湯器の取付工事のみも承っています。住宅設備のプロとして、お客様の暮らしを快適安全に守る役割を第一にしています。

●給湯器選びの無料相談、無料現地調査
現在の給湯器からより性能の高いタイプへの交換を希望される場合やメーカーを変えたいという場合、給湯器のプロに無料でご相談いただけます。また、給湯器の種類によって設置場所が異なるため、現地調査が必要な場合の費用も無料(対応エリア内)にて出張してもらえます。

09東京の給湯器交換業者への相談事例

当社は東京、神奈川を営業エリアとするガス給湯器専門店です。ガス給湯器の交換や修理を行っており、一般のご家庭から厨房用・店舗用の大型サイズの業務用給湯器を扱っています。
ガス機器設置スペシャリストを始めとするガス消費機器設置工事監督、液体石油ガス設備士などの有資格者が安全に施工する正規ガス機器販売施工・ガス工事店です。当社はお客様がご自身で購入された給湯器の取付工事のみも引き受けしております。
お客様からの相談事例をご紹介しましょう。

東京の給湯器交換業者への相談事例

川崎市にお住いのお客様は中古マンションを購入され、引っ越しをされてまだ数か月という段階でお湯の温度が安定しないことに気づかれたそうです。そこで以前の住人の方から引き継いだ給湯器の資料を確認すると、12年が経過していたそうです。一般的に給湯器の耐用年数は10年が目安とされていますので、明らかに寿命と判断し、修理ではなく交換されることをお勧めしました。
良くお話を伺うと、給湯器本体はネットで購入され、取付工事してくれる業者を探されていたそうです。ところが、取付工事のみを依頼できる業者がなかなか見つからず、ようやく見つかった会社に見積りを取ると高額だったため、業者探しに難航されていたところ当社を見つけて頂きました。
「ホームページに記載されている取付工事のみの価格は本当ですか?」と質問を頂きましたが、記載している標準工事費用どおりですとお答えすると、すぐに正式なご依頼を頂きました。取付け場所や購入された給湯器の詳細をご連絡いただき、スムーズな流れで取付工事ができました。

10東京の給湯器交換業者によくある3つの質問

10年を目安に寿命となるガス給湯器。
"気が付けばそろそろ交換時期になっている!"というケースが多く、急な出費に頭を抱えてしまうこともあるでしょう。お住まいの地域に対応していて、少しでもお得に、誠実に対応してくれる正規の給湯器交換業者を探しておくことが望まれます。
東京にある給湯器交換業者にお客様からよくある3つの質問を伺いました。
質問 交換工事の依頼からどのくらいで来てもらえますか?
回答 ご注文の機種や在庫状況にもよりますが、早ければ当日、遅くとも2日〜5日以内には交換取付が可能です。特注品や受注生産品、在庫切れなどの場合は日数を要する場合もあります。
質問 交換作業時間はどのくらいかかりますか?
回答 設置場所の状況にもよりますが、2~3時間を目安にして頂ければと思います。お時間に余裕のある日をお選びください。
質問 同じモデルの給湯器がメーカーより安いのは何故ですか?
回答 当社は少人数制で人件費や広告費などの経費を抑え営業しています。また、最小限の在庫しか持たず、ご注文に応じてメーカーに発注し取付工事を行っています。
これにより、大きな倉庫が必要なく、在庫リスクを回避出来ることで、お客様にメリットを感じて頂ける価格を実現しています。給湯器は全て最新モデルであり、メーカーから届く正規品ですのでご安心ください。

11東京の給湯器交換業者選びの注意点

POINT お湯を出すために不可欠な給湯器は日々の使用で消耗が進み、10年ほどで交換時期が訪れます。耐用年数はメーカーを問わず同じであり、寿命が近づくとお湯の温度が安定しなかったり、異音が給湯器から聞こえるなど安定した使用が出来なくなってきます。急にお湯が使えなくなってしまう前に給湯器を交換するのが最善策です。
給湯器交換業者が数多く存在する東京において、業者選びの注意点をご説明しましょう。

●ガス機器設置工事における正規業者であるか
業者の中には資格を持たない人が施工にあたっているケースがあります。大きな事故に発展しかねないガス機器ですから、正規のガス機器販売施工・ガス工事店を選ぶようにしましょう。ホームページなどに保有資格が記載されているか確認しましょう。

●工事保証があるか
給湯器本体にはメーカー保証がありますが、交換・設置工事に関する保証は含まれていません。安心して使用するために工事保証プランを設けている業者を選びましょう。保証期間内は基本的に無償で修理が依頼でき、定期的なメンテナンスにも対応してくれますのでお勧めです。

●取付工事のみにも対応している
給湯器本体はネットでも購入することが出来ます。安く手に入るものの、交換取付工事は含まれていないため、ご自身で業者を探す必要があります。実際に、取付工事のみが依頼できる業者は意外と少なく、機器本体の販売と取り付けがセットになっているケースが多いため、本体を別で購入される方は対応してくれる業者探しも行いましょう。

12給湯器交換に関する業界用語の解説

給湯器の交換時期が近づくと様々な兆候が見られるようになり、新しい給湯器の情報収集をしたり、業者探しをされると思います。
そこで役立つ給湯器に関する業界用語をいくつか解説しましょう。
●フルオートとオート
お風呂の機能のことを意味し、「フルオート」は、お湯はり、追い焚き、保温、足し湯まで全てがおまかせ全自動です。常に快適なお風呂の湯温、水位を保つことが出来ます。
一方、「オート」は、お湯張はり、追い焚き、保温までが自動です。足し湯、足し水は手動にて調節することが出来ます。
●UV除菌機能
プレミアム給湯機に供えられた機能です。
UV除菌機能とは、お風呂に入った後、UV洗浄装置が機能し、洗浄・殺菌・浄化・脱臭・有機物の除去などの殺菌を行うことです。
このため、残り湯でお洗濯しても臭いが付着することがありません。また、翌日に残り湯に足し湯をしても湯垢のヌメリなく快適に入浴でき、水道代の節約にも繋がります。
●号数
号数とは、給湯能力のことです。16号より24号の方が給湯能力が高いため、お湯の量が多いということになります。
給湯器を購入する時は、世帯人数に応じて号数を選びます。例えば、4~5人のご家族の場合、24号が一般的と言われ、一年中シャワー、キッチン、洗面所を同時使用しても湯温を保つことができます。

FAQ一覧

お役立ち情報

給湯器を交換する目安はありますか? 給湯器の寿命や交換の目安を知りたい方にはためになることが書かれています。
給湯器の寿命は一般的に10〜15年とされていますが、それ以外にも交換が近づいていることが分かる目安にできる事項を紹介しています。
給湯器の修理や交換にかかる費用は? 給湯器を修理するときにかかる費用と交換するときにかかる費用について紹介しています。
給湯器の修理を選択するのは、使用年数が10年以下の場合であることも記載しているので、給湯器の修理を考えている方はぜひご覧ください。
給湯器の交換を先延ばしするのとすぐに交換するメリットとは 給湯器の調子が悪いのに交換を先延ばしした場合のメリットとデメリットについて解説しています。
新しい給湯器に交換することには多くのメリットがあることが分かる内容となっているので、給湯器交換でお悩み方はチェックしてみてください。
自宅のガス給湯器の交換はどこに依頼するのがベストなの? 自宅のガス給湯器の調子が良くなくて交換を考えている方より、どこで給湯器を交換するのがベストな選択肢なの?という質問に対する答えが書かれています。
依頼先候補のメリットとデメリットを記載しているので、参考にしてください。
交換する給湯器は商品によって性能や使い方は異なるの? 古くなった給湯器の交換を考えている方のために、給湯器の選び方が分かる内容になっています。気になる給湯器の価格についても記載しています。
どこで購入すると安く手に入るかも紹介しているので、きっと参考になると思います。
給湯器の寿命を短くする原因とは 給湯器の寿命を縮めてしまう原因が何かを解説しています。
給湯器の寿命についても記載しています。給湯器をできるだけ長持ちさせたい方には参考になると思うので、気になる方はぜひご覧ください。

PageTop